ハーベスト医療福祉専門学校

OPEN
CAMPUS

卒業生の声

介護福祉学科

介護福祉学科 卒業生インタビュー

コミュニケーションをとる努力が、
利用者様の笑顔につながります。

上月 愛美 さん

介護福祉士 上月 愛美 さん

  • 介護福祉学科 2011年3月卒業
  • 社会福祉法人すみれ福祉会 社すみれ園勤務

一人ひとりの希望を実現する介護を。

高校での職業体験がきっかけで介護福祉士になりたいと思うようになりました。現在は特別養護老人ホームでショートステイを担当し、食事や入浴介助などを行っています。まだまだ分からない事も多いですが、相手が何を希望しているのか察した介護を心がけ、利用者様が笑顔を見せてくださる瞬間が大きな喜びです。また、利用者様のご家族への丁寧な対応や、職場の皆さんとの積極的なコミュニケーションも利用者様へのよりよいサービスにつながると考えています。

学生時代の学びが仕事のベース。

ハーベストでは、仕事の基礎となる知識を学べました。例えば認知症について深く理解できた事や、社会人の基本である言葉づかいなども今の仕事に役立っています。ただ、知識はあくまでもベース。現場では教科書に載っていない事も多々起こります。そんな時こそ落ち着いて、相手を理解しようと努める力も身に付いてきました。5年目となるこの春からはリーダーを務めます。自分の介護観を大事にしながら、周りの人々に支えられている事に感謝して、自分の役割を果たしていきたいです。

消極的な自分を変えてくれた
先生方に心から感謝しています。

宮本 亮太 さん

介護福祉士 宮本 亮太 さん

  • 介護福祉学科 2011年3月卒業
  • 医療法人真和会 介護老人保健施設 エスコート船場勤務

夢を実現できた、親身な就職サポート。

父が介護福祉士の仕事をしていた事から興味を持ち、私も同じ職業を目指すようになりました。就職先に悩み、なかなか決断できずにいた私に、ハーベストの先生が紹介してくれたのが現在の勤務先である「エスコート船場」でした。実習の提携先としてハーベストとの繋がりがあり、信頼感がありました。迷っていた私に親身になってアドバイスをしてくださった先生方に心から感謝しています。あの時のサポートのおかげで今、介護福祉士として充実した毎日を過ごせています。

社会に出て役に立った、コミュニケーション学。

利用者様と関わるうえで、相手の立場に立つ事の重要性を感じています。相手を知りたいと思う。理解しようと努力する。そうする事で仕事の結果は全く違ったものになります。ハーベストで教えていただいた「コミュニケーション学」は今の仕事に欠かせないものです。また学生時代の自分は消極的なところがありました。そんな私に、先生はその都度アドバイスをしてくださり、卒業する頃には積極的に質問をしたり、主体的に取り組む事ができるようになりました。あの日々があったからこそ、成長できたと思っています。