ハーベスト医療福祉専門学校

OPEN
CAMPUS

卒業生の声

理学療法学科

理学療法学科 卒業生インタビュー

どんな患者様にも対応できる
技術に優れた理学療法士を目指す。

田中 伸之介 さん

理学療法士 田中 伸之介 さん

  • 理学療法学科 2013年3月卒業
  • 医療法人伯鳳会
    明石リハビリテーション病院リハビリテーション部勤務

患者様から信頼される理学療法士を目指して。

現在は、病院で理学療法士として自宅復帰を目指してリハビリを行う回復期の患者様を担当しています。仕事をするうえで心掛けている事は、患者様が自宅に戻ってどんな生活を送りたいのかを理解し、一人ひとりの目標に合わせたメニューをつくる事。また、自分の手法がベストなのかを常に自問自答し、アプローチ方法の引き出しを増やすために勉強に励む事です。「田中さんとリハビリができて良かった」と言っていただける事もあり、そんな時は仕事のやりがいを感じます。

今だから分かる、学生時代の貴重な体験。

社会に出て、学生時代に学んでいた事がどれだけ大切だったかに気づかされました。もともと敬語が得意ではなかった私は、社会人としての礼節を学ぶ「ホスピタリティ・デザイン学」がとても役に立ちました。また、ハーベストが力を入れていた現場実習のおかげで、働くイメージや志を持つ事ができたと思います。将来は、経験を積んだ理学療法士だからできる「訪問リハビリ」に挑戦したいです。どんな患者様にも対応できるよう技術の向上を目指します。