ハーベスト医療福祉専門学校

OPEN
CAMPUS

医薬健康学科

2年制

文部科学省認定 職業実践専門課程

店頭で働きながら学んで
現場力を持つ
登録販売者になる。

薬剤師以外で唯一、一般用医薬品を販売できる「登録販売者」。2009年に施行された注目の資格です。
医薬健康学科では、医薬品販売店での1年間の実務を単位化した「働きながら学ぶ」デュアル実習で資格取得を徹底サポートします。

薬剤師以外で唯一、一般用医薬品を販売できる「登録販売者」。2009年に施行された注目の資格です。医薬健康学科では、医薬品販売店での1年間の実務を単位化した「働きながら学ぶ」デュアル実習で資格取得を徹底サポートします。

目指せる資格
  • 登録販売者
  • 専門士(称号)
  • 調剤事務管理士
  • 医療事務管理士
  • ビューティケアアドバイザー
  • POP広告クリエイター
  • 販売士3級
本校オリジナル校内検定
  • 教養検定(全学科共通)
  • ペン字検定(全学科共通)
目指せる職場
ドラッグストア/薬局/スーパーマーケット/ディスカウントストア/ホームセンター など

医薬健康学科の特色

実務実習

実務実習

実際にお客様と接し、
販売を経験する。提携先企業が
正社員のように一から指導。

実務実習の事前指導で心構えや身だしなみなどを確認し、実習中も3ヵ月ごとに面談を実施。「登録販売者」認定試験に向けて徹底指導していきます。実習現場でも、提携先従業員が親身になって実務を指導。一般では試験の合格率50%以下の中、本校では100%の合格率を達成しました。(2014年)

多彩な資格取得を支援

多彩な資格取得を支援

健康美をテーマに
多彩な資格に挑戦。
一目おかれる登録販売者を養成。

地域から信頼を得る登録販売者になるためには、健康美についても幅広い専門知識が必要です。当学科では、ビューティケアアドバイザーや調剤事務管理士、医療事務管理士など、注目の資格取得を目指し、医薬品だけでなく化粧品やサプリまで取り扱える、現場に強い登録販売者を育成しています。

接客実技技能試験(OSCE)

接客実技技能試験(OSCE)

医薬品のプロとして
不可欠な薬の知識と
コミュニケーション能力を高める。

地域の人々から頼られる登録販売者を目指すためには、医薬品の知識に加え、お客様との会話の中から症状を把握し、的確な薬を提供する接客技術が必要です。本学科では2年次後期に接客実技技能試験を行い、登録販売者としてのスキルの向上を図っています。

学びの3つのポイント

活躍の場が拡がる医薬品
「登録販売者」を目指す。

医薬品「登録販売者」は、薬局やドラッグストアなどで購入者の要望や症状に添って一般用医薬品を販売する専門家です。近年では、コンビニやスーパーマーケットなどでも医薬品が販売されるようになり、薬剤師が不足する中で「登録販売者」の活躍の場は拡がっており、今後、ニーズの高まる資格です。

1年間の実務経験を
単位認定するデュアルシステム。

実習として勤務した収入で授業料(2年間)の約48%をサポートできるデュアルシステムを採用。午前は授業、午後は実務実習のスタイルで、1年間、計960時間の実務を経験し、認定試験を受験します。授業で学んだことを、すぐに実践でき、圧倒的な現場力が身に付きます。もちろん、提携先は就職先としても有力な優良企業です。

地域に密着した
健康アドバイザーを目指す

「調剤事務管理士」「医療事務管理士」「ビューティケアアドバイザー」「販売士3級」「POP広告クリエイター」などの資格取得をサポート。また、本校介護福祉学科の優秀な教員から介護の入門的知識を学び、医薬品の知識と併せて、地域の健康アドバイザーとしての活躍が期待されます。

カリキュラム・年間スケジュール

カリキュラム
年間スケジュール

ハーベストの資格取得対策

  1. 経験豊かな講師陣による授業と補習や1年間の実務経験を単位化した「働きながら学ぶ」デュアル実習で資格取得を徹底サポート。
  2. 医薬品と並んで販売されることの多い化粧品への知識もビューティケアアドバイザー講座で習得。
  3. 調剤事務管理士、医薬事務管理士、POP広告クリエイター、販売士3級の資格取得に向けて豊富な授業時間を確保しています。

ダブルライセンス取得講座

調剤事務管理士
医薬分業の進展とともに、多忙な薬剤師のサポート役として、調剤報酬を正確に算定できる人材のニーズが高まっています。
医療事務管理士
全国の医療機関で必要とされる人材で診察の受付やカルテの整理、会計、診療費の請求など、さまざまな業務を担当します。
POP広告クリエイター
文字やイラストを使って商品の特性を店のメッセージとして伝える、販売を間接的に促進する技術者です。
販売士3級
販売員として身に付けておきたい重要な小売店舗運営の基本的な仕組みの理解、販売員としての基礎的な知識と技術や販売技術といった接客業務に関する知識を学び、取得する資格です。

ビューティケアアドバイザー認定

ビューティケアアドバイザーとは?

全国の薬局やドラッグストアで、消費者の健康や化粧の相談に応じる専門アドバイザー。日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が2001年からスタートさせた認定制度です。ビューティケアアドバイザーは、皮膚の構造から販売の技術、化粧品や肌の健康を保つ食品やサプリメントの知識まで習得し、美容に関して幅広くアドバイスを行う仕事です。

時間割

 
1限目/09:00~10:30 医学一般 医薬品安全情報学 人体構造学 薬理・薬物治療学 薬理・薬物治療学
2限目/10:40~12:10 ハーベストタイム(HR) 調剤事務講座 薬事関係法規 薬理・薬物治療学 漢方薬学
3限目/13:00~14:30 コミュニケーション学  
  実務実習
 

1年前期4月~9月(例)

就職・キャリアアップ支援

希望に添った就職を実現するために、資格取得から卒業後のキャリアアップまで充実した支援制度を設けています。

  1. 姫路・播磨地域を中心に多店舗展開するドラッグストアチェーンなどの優良企業と提携することで豊富な実習先を確保すると同時に、就職先としても有力な候補にしています。
  2. 校内での会社説明会、特定企業への推薦制度、徹底した面接指導、就活メイクアップ講座などの就職支援。

教員からのメッセージ

水正 学 先生

社会の役に立てる
「知識・技術・教養」を育む教育を。

水正 学 先生

私は、社会人にふさわしい立ち居振る舞いや言葉遣い、接遇マナーなどを学ぶ「ホスピタリティ・デザイン学」や医薬品の説明書などについて学ぶ「医薬品安全情報学」等の授業を担当しています。
学生の皆さんに、いちばん身に付けてほしいのは「社会人になるという自覚」です。遅刻をしない。嘘をつかない。約束を守る。分からないことは分からないと素直に伝えられる。年輩者からのアドバイスに従って、実践してみる。学生生活の中で、そんな社会人として当たり前の規範を身に付けることができたら、自信を持って社会に出ていくことができます。そして仕事の根本にあるのは、人の役に立てることの喜びや、感謝される嬉しさです。医薬品の知識や実践で役立つ技術力を身に付けることは当然として、社会から求められるプロフェッショナルに成長するための教育を実践していきたいと考えています。

学生の声

瓜生原 奬吾 さん

将来は登録販売者になって、
自分のファンをたくさん作りたい。

STUDENT × TEACHER TALK SESSION左:田村 公佳さん 医薬健康学科 1年(兵庫県播磨高等学校) 右:水正 学先生

水正先生(以下水正):確か、田村さんのお姉さんがハーベスト出身なんですよね。
田村さん(以下田村):そうです。高校の頃から薬に興味があって、姉が「ハーベストなら医薬健康学科があるし、先生が優しいよ」と勧めてくれました。実際、どの先生も話しやすくて指導が丁寧。もちろん、水正先生もその一人です。
水正:僕は元々メーカー勤務で、そこから勉強して先生になったから、薬の知識がない人の気持ちを理解できるんです。田村さんが好きな授業は何?
田村:漢方の授業が難しいけれど、その分、興味深いです。先生が担当されているホスピタリティデザイン学も礼儀を学べて勉強になります。
水正:田村さんの礼儀正しさは先生の間でも評判。学級委員としてクラスをまとめているし。学校生活で印象に残っていることはありますか?
田村:実習先の製薬会社の地域感謝イベントに運営スタッフとして参加し、お客様とふれあったことです。
水正:キャラクターの着ぐるみを着てイキイキと働く姿が頼もしかったです。
田村:ドラッグストアの実習も印象に残っています。接客は楽しかったのですが、薬についてお客様から質問されるとうまく答えられなくて「もっと頑張らなきゃ」という気持ちになりました。
水正:ハーベストの実習は勤務代が発生するから、求められるレベルが高いんです。それだけに勉強にもなる。今後の目標は何ですか?
田村:在学中に登録販売者を始め、取れる資格はすべて取り、将来の可能性を広げたいです。すでに調剤事務管理士の資格は取得しました。
水正:資格に強いのはハーベストの大きな特長。登録販売者の資格合格率は全国平均が5割に満たないのに5年連続90%を超えています。将来の夢は?
田村:登録販売者になり、ドラッグストアの店頭に立って、私を訪ねてやってきてくれるファンをたくさんつくりたいです。
水正:美と健康を扱うドラッグストア業界は今後も伸びていくはずです。夢に向かってがんばってください!

卒業生の声

卒業生のインタビューはこちら